新技術Circulation Blast System

循環式ブラスト工法とは?

  • ・研削材は、金属系研削材を使用 繰り返し研削材を再利用する事が可能 (600回程度 循環再利用が可能)
  • 研削材と旧塗膜を分別し、ダスト回収器に旧塗膜だけを収集する為、発生する産業廃棄物量が塗料カスのみとなる
  • 研削材が粉砕する事が、極めて少ない為、研削材そのものから発生する粉塵が、非常に少ない
  • ・施工環境内に発生する粉塵量が、従来工法と比較し大幅に削減出来る
  • 循環式ブラスト
    システム1(設置状況)
  • 循環式ブラスト
    システム2(設置状況)
  • 循環式ブラスト
    システム1(車載式)
  • 循環式ブラスト
    システム2(車載式)
  • ブラスト打設状況
  • ブラスト研削材回収状況
  • ブラスト検査1
  • ブラスト検査2

循環式ブラスト工法・システム図

循環式ブラスト工法・システム図

このページのトップへ戻る